個人と機関投資家について

自動売買トレードとは

個人と機関投資家について 最近では、FXの取引については、自宅からパソコンを使ってトレードをするというスタイルが一般的になっています。
パソコンを使ってのトレードの場合には、自動売買トレードというものを活用できるところが魅力です。
自動売買トレードというのはまず「こうなったらこういう注文を出す」ということについて、あらかじめ設定をしておきましょう。
そうするともし上で設定をした条件を満たすようなレートの動きがあったら、あなたが操作をしなくても、勝手にパソコンの方で売買の処理をしてくれるトレードスタイルのことをいいます。
イフダン注文やOCO、指値注文というのも、ある意味、自動売買のトレードスタイルではあります。
しかしこれらの注文は、いずれも単発的な注文です。
自動売買トレードというのは、一回設定をすれば、あなたが設定の変更をしない限り、そのルールにのっとって、パソコンの方で自動的に取引をしてしまうのが特徴になっています。
なかには、仕事をもっていて、ずっとFXの取引に張り付いていることができないという人もいるでしょう。
その間に大きく値動きをした場合にも対処のしようがありません。
しかし自動売買トレードをしていれば、もしも大きく値動きをしても、勝手に取引をしてくれるので、ダメージを最小限に抑えることができます。
しかし自動売買トレードだからといって、安心しすぎるのもどうかと思います。
もしかすると、何かトラブルが起きる可能性があり、自動売買ができなくなっている可能性もありますので、定期的にチェックをすることが必要です。

お役立ち情報

Copyright (C)2022個人と機関投資家について.All rights reserved.